15世紀に始める大西洋奴隷貿易 NEXT>>



黒人奴隷





15世紀末、スペイン・ポルトガルが
アメリカ新大陸植民地経営を始める。
当初、現地先住民を奴隷として労働させたが、人口が減少し、
16世紀からアフリカ大陸の黒人を送り込む大西洋奴隷貿易が始まった。
大量の黒人がラテンアメリカ地域に送られ、現地に定着した。

19世紀に奴隷制批判が高まり、
アメリカでの南北戦争の過程で黒人奴隷は解放された。
しかしその後も、
黒人に対する人種差別はなくならず、
現在もなお差別反対の運動が続く。



圧倒的に SEO に強く、抜群に上位表示されやすい国内最高峰のWordPressテーマ【THE THOR(ザ・トール)


国内最高峰の SEO 最適化 WP テーマ 【ザ・トール】





HOME BACK