15世紀に始める大西洋奴隷貿易 NEXT>>



黒人を商品とする人身売買





15世紀から19世紀までの間に、
アフリカの黒人は奴隷として
西アフリカを含むアフリカの諸地域から奴隷船で輸送され、
アメリカ大陸に連れて行かれた。

「大西洋奴隷貿易」とは
「三角貿易」という、大西洋を挟む3大陸が関与する貿易体制の中で行われた、
アフリカの黒人を商品とする人身売買の貿易である。

輸送の際の奴隷船の環境はひどいものであり、
この船旅は「ミドル・パッセージ」と呼ばれている。
圧倒的に美しくおしゃれな WP テーマ 【ザ・トール】 /圧倒的にSEOに強いWPテーマ【ザ・トール】





HOME BACK